NEWS

AEAJ 2020年夏号でhinokiLABが紹介されました。


公益社団法人日本アロマ環境協会の機関誌「AEAJ」の2020年夏号「4つのTopicから知る 注目のアロマトレンド」コーナーで、「アロマがつなぐ地方創生」として掲載されました。

6次産業の活性化が高まるなか、村おこし、町おこしだけではなく、世界に発信できる産業としてアロマに注目が集まっています。和精油の世界的な評価、新たな研究開発など、次世代につなぐ地方創生の例として、hinoki LABの取り組みが紹介されました。


hinokiLABは、1985年から「森を守ろう」という想いからはじまりました。
間伐、伐採し、植林して育てるサイクルを利用し、森林保全につながる製品作り、人と寄り添う製品作りがヒノキラボの考えるサスティナブル。
ひのきの手摘みや精油の抽出は「岡山県新庄村」の村の方たちにお願いし、地域連携の気持ちもこめて製品開発をしています。人口減少と少子高齢化が進む中、「日本一美しい村」と言われるこの村の存続のためのサポートのお手伝いができればと思っています。


AEAJ購入はこちら⇒